”目指すもの” / 事業内容

どんこやの目指すもの

”障がいがあるから表現できるもの”(エイブルアート:引用)を芸術活動を通して社会に示すことで、障がいのある人の尊厳を認知し、誰もが住みよいまちづくりをめざす。


どんこや事業内容

事業所形態について

 障害者総合支援法による「生活介護事業」と「生活訓練事業」による多機能型事業。

定員について

 「生活介護事業」14名および「生活訓練事業」6名の合計20名定員

事業活動について

◇「生活介護事業」の活動

 〇創作活動(生活介護事業の活動)

 ・和紙 ・押し花 ・絵画 ・書 ・マジックアート等

 〇作品掲示(啓発活動および動機づけ)

 〇商品作成(啓発活動および経済的支援)

 〇体験教室(障がいへの理解)

 ○レクリエーション

 〇季節ごとのレクリエーション(花火、ボーリング)

 〇スポーツレクリエーション(風船バレー、バドミントン、キャッチボール等)

 〇買物プログラム

 〇動物園等で絵画

 

◇「生活訓練事業」の活動

 〇社会生活力プログラム

  ・身だしなみ ・洗濯 ・掃除 ・簡単な調理などの日常生活に必要な支援

 〇基礎学力プログラム

  ・国語、社会、数学(お金の遣い方)等の学習

 〇創作活動プログラム

  ・和紙 ・押し花 ・絵画 ・書 ・マジックアート等

 〇レクリエーション

  ・スポーツレクリエーション

 〇買物プログラム等